スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
ニュージーランド旅行 5日目
そして目覚めた翌朝、12月29日、ついにこの日氷河登山の日を迎えた。
ラッキーなことに天気は良好!

ツアー集合場所にもなっているオフィスに行くと、ものすごい人。
半日コースの人たちだけじゃなく、一日コース参加の人、ヘリコプターで上空から氷河を楽しむツアーの人、ヘリ・ハイキング参加の人、それぞれが色別に分かれて集まっていた。

とてもシステマティックになっていて、受付を済ますと、赤、青、黄色のカードが束になって首から下げられるようになっているものを渡された。
各アイテムを受け取れるカウンターで一枚ずつカードを渡せば、引き換えにアイテムを貸してくれる。

赤は、crampons(登山靴に装着する金具=これにより雪山も難なく登るのが可能)の入りのウエストポーチ
青は、厚手のウィンドブレーカー
黄は、登山靴、厚手の靴下、手袋、など。

各カウンターに行って、それぞれのカードと引き換えにアイテムをピックアップし、身につける。
ツアー後の返却はその逆に、アイテムと引き換えにカードをピックアップして受付にカードセットを返す。

氷河登山に必要なものは全て用意されているからとても便利だった。
4時間半のツアーには、訓練を受けたガイドの人が先人切ってみんなを誘導する。
氷河は毎日20-30cm動いているらしい。
つまりは毎日少しずつ溶けているということになる。
実際、氷河とくっついている一枚板のように見える岩山は時々、小さな石のような岩を落下させていた。
きっと氷が解けてそこに引っ付いて岩が居場所がなくなり、転がり落ちてきたのだろう。
時折、かなり大きめの岩が落ちてきていて、私たちを驚かせた。

161.jpg
初めは岩山登りから。
ガイドのRobはこんなに軽装で氷河登るんだね。
半そでに短パン、布ブーツとはかわいいぞ。

毎日動いている氷河なので、ガイドの人たちも毎日ツアー前に参加者たちが登り易い様、道を作らなくてはならないらしい。
午前のツアーが朝8時前からスタートなので、逆算すればかなり早起きをしないといけないことになる。

私はこの日どうしても聞きたいことが二つあった。
なぜ、氷河は青いのか、そして雪山と氷河はどうちがうのか。

必ずしも欲しかった回答ではなかったけれども、Rob曰く、青い氷河はお日様にあたっていない部分、氷河は日にあたって溶けると白くなる。
青い部分は私たちから見て、表面には出てこない内側の氷河ということになる。
雪山と氷河のちがいは、雪は水分を沢山含んでいるのに対し、氷は雪をぎゅっと押して水分が抜けて表面が固くなったモノとの回答だった。

やっぱりツアーに参加できてとても良かったと思っている。
ガイドのRobは必要ならば、即席で足場を作り、参加者たちを歩きやすくしてくれたし、ほどよく親切で、私たちの知りたいことについて回答をし、説明を加え、何よりハンサムだった。
体のラインから見ても、長年登っているのだろうということは言わなくても想像できた。

4時間半はあっという間だった。
はじめは岩山から登り始め、途中休憩を挟んで、cramponsを靴に装着して氷河の上を上り始める。
岩山のあたりは、足場が不安定で登りつらかったけど、cramponsを付けて歩いた氷河は面白いくらい歩きやすかった。途中、カニ歩きをしないと通ることの出来ない、狭い氷河の間を歩いたときにはみんなが子供のように興奮しているのがわかった。


170.jpg
もちろん、そういうあたくしも例に漏れず。

177.jpg
氷河と氷河の隙間を歩く。
ここが一番氷河の内側が見えて、氷がヒヤッとして綺麗じゃった。


182.jpg
急な登りにはこのようにロープが張ってある、これがないと転げ落ちて舞うくらい急だったりする。足元も滑るし。



190.jpg
やっと天辺にとうちゃ?く!登った後だから、ちょっとかいた汗が涼しい風に吹かれて気持ちい?い!


194.jpg
この写真なら青さが伝わる??
内側はこんなに青いんだよ?。
決してトイレの便器を撮っているわけではないの(笑)

私たちが下山し始める直後からなんとなくお空の雲行きがあやしくなってきていたから、本当にラッキーだと言わざるを得ない。
下山のすれ違い様に午後のツアーの人たちが寒そうに、雨避けのフードの裾を引っ張りながら被っり、登山してた。


ツアーを終えたのは午後3時頃、腹ごしらえをして、次なる恐怖のドライブ。
本日は恐怖の354km、しかも一仕事終えた後では疲労感も手伝って、これはかなり体力勝負となる。


5thDay.jpg

もともと氷河に登るのが昨日の予定だったからプラン的には半日遅れがでいてるわけだが、それでも何でも今夜の宿は既にQueenstownにとってあるわけなので、疲労した体に鞭打ってkmはなれたQueenstownに行かねばならぬ。
体力的にはきびちいけれど、そんなことも言ってられず出発!!
走れど、走れど道は長く、プラス追い討ちをかけるように曲がりくねった山道なので、私は登山した疲労と睡魔と闘いながら、何度か睡魔に負けて何度もいかんいかんと目を覚ます始末。

私の負戦続きを見るに見かねた相方が、休憩しよう!と車を停めて一休みした。

寝ぼけていたので、何処か具体的に場所はわからなかったけど、海岸沿いに出た。

215.jpg
なにやら、石を積み重ねたものが沢山あります。
そういうものを写真に収めるにも私だけではなく。


ニュージーランドは内陸と外陸とでは気候がじぇんじぇんちがう。
湿っ気の多かったFranz Josefから内陸に戻ったとたん、トロピカルな景色になった。

途中一気に視界が開けておおおお!

231.jpg
この辺かなりナチュラルハイなあたし。のびの?び。

この後一時間強で目的のQueenstownに到着。
一目見てこのタウンが大好きになってしまいました。
なのに、残念ながら一枚も風景画を取ってなかったみたい。
湖畔に面してタウンがある、素敵なかわいいタウンです。

イギリスの女王がこのタウンを好きだったことことから‘Queenstown’と名づけられたそうな。
冬になればスキーやボードに日本人も多く来るらしく、日本人向けの店、レストランもタウンに規模のわりに多い。
私今回の旅行で一番このタウンがお気に入りです。
なのに、写真がないなんて。
だって、到着した日はタウンに魅了され、シャッター押すことよりも楽しむことの方に夢中。
明日撮ればいいわ、なんて思ってたあたしがおばかさんだったのよ、次の日の朝雨だったから。

う?ん、残念、でも絶対また冬の季節に行くぞ!
ボードしに!!
スポンサーサイト
【2010/01/17 12:26】 In New Zealand | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<ニュージーランド旅行 6日目 | ホーム | ニュージーランド旅行 4日目>>
コメント
氷河うつくすぃ~!私も踏みしめてみたい!!

NAPたのしそう~w

【2010/01/19 04:15】 URL | たーちん #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanakks2rr.blog8.fc2.com/tb.php/440-5019366f
ななちゃんねる@アデレード


あなたの知らないななを知ってね


CALENDER
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT ENTRIES
  • Christchurch の大地震(02/22)
  • The Little Pischna 48の練習曲(02/21)
  • The Australia Youth Orchestra(02/17)
  • 今年もこの日々が来たよ。。(01/31)
  • 私の感じた中国の経済成長(01/27)
  • RECENT COMMENTS
  • なな(02/19)
  • たーちん(02/18)
  • なな(02/17)
  • なち(02/17)
  • なな(02/14)
  • なな(02/05)
  • Erika(02/02)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 情報商材:格安航空券はもう買わない!驚きの無料航空券入手法(06/02)
  • 木下あゆ美のエロエロ映像、画像はマジ物!地元から流出したのはエロボディw:木下あゆ美のエロエロ映像、画像はマジ物!地元から流出したのはエロボディw(10/04)
  • 疋田紗也 趣味 SeXッッ(画像と動画あり)。:疋田紗也 趣味はSeX!グラビアアイドルのプライベートSEX見たいですかぁ?(08/03)
  • ルーシーダットン タイ式ヨガでシェイプアップ&ダイエット:ルーシーダットン タイ式ヨガでシェイプアップ&ダイエット(03/10)
  • どうかな?:意外と・・(01/14)
  • ARCHIVES
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (2)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年08月 (6)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (3)
  • 2008年12月 (10)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (2)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (3)
  • 2008年07月 (6)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年01月 (15)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (5)
  • 2007年10月 (5)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (3)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (12)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (11)
  • 2006年11月 (9)
  • 2006年10月 (9)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (10)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (15)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (10)
  • 2005年10月 (11)
  • 2005年09月 (13)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (7)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (8)
  • 2003年07月 (6)
  • CATEGORY
  • IN KOREA (7)
  • PURPOSE (11)
  • DIARY (76)
  • MY FEELING (24)
  • グルメ (20)
  • MY DREAM (1)
  • IN CANADA (7)
  • MY FAVORITE (5)
  • どうきょ (2)
  • MY LIFE (96)
  • IN TAIWAN (3)
  • IN CAMBODIA (7)
  • BOOKS (3)
  • MOVIES (11)
  • In Singapore (7)
  • シンガポール事情 (13)
  • In Thailand (5)
  • In Indonesia (2)
  • 国内旅行 (4)
  • In Adelaide (69)
  • In Auatralia (2)
  • Musical (1)
  • cooking (3)
  • 手作り (5)
  • InChina (0)
  • In China (10)
  • Web (0)
  • Chior (1)
  • In New Zealand (8)
  • In Hawaii (3)
  • MUSIC (1)
  • LINKS
  • 世界一周デート
  • NICE
  • Free The Children
  • PEACEBOAT
  • VERSATILITY
  • ヒトリアルキ
  • 田中宇の国際ニュース解説
  • Developing World
  • 英語学習ランキング
  • ロックに生きる
  • La Vita E Bella !!
  • CVSG
  • 英語苦手でもアデレードに住んでみる
  • つめくさのあかり
  • SEARCH

    PROFILE
    なな
  • Author:なな
  • 海外就職を夢見て飛び出し、ようやくビザも下りてシンガポールでの生活が始まりました。
    と思ったら今度はアデレードで修行???

    そんなななの日常を綴ってます。
  • RSS1.0
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。